• トップ /
  • 学生の家探しは親への相談が必須

家探しは慎重にかつ計画的に行動

学生が家探しに奔走する場合、重要な鍵を握るのが親で、家賃の支払いが問題になります。家が見つかったのはいいけど、家賃が支払えなければ意味がありません。家賃が1万円違うと4年間で50万円もの違いが出てくるので、学生が家探しをする時は、親にしっかり相談してからすることです。十分な仕送りをしてもらえない場合、家賃の支払いが苦しくなるので、不動産屋さんに行く前に、必ず親としっかり相談して予算を考えておきましょう。学生が家探しをする時は、契約に必要な書類を用意しておくことも忘れてはいけません。気に入った物件があったら申し込みをすることになりますが、審査に通ればいよいよ契約になります。その時、契約者によって必要な書類が異なるので注意が必要です。家探しで契約する学生が未成年の場合、誰か保証人になってもらう人を立てる必要があります。親に保証人になってもらう場合、契約の際、収入を証明するものと身分証、勤務先情報、印鑑証明などを用意しなければなりません。また契約者が親である場合でも、家探しの際は、収入を証明するものや身分証明書、保証人の印鑑証明や収入証明の写しが必要になるので注意が必要です。このように学生が家を借りて住もうと思うと、色々な手続きと相談が必要になるので、計画的に行動しましょう。

バックナンバー

家探しの必須情報

↑PAGE TOP