• トップ /
  • 家探しを学生が行う際は

家賃の安い家探しをしたいなら

家探しを学生が行うときは、家賃の安いところの中から選ぶ人がほとんどです。学校に通っているような年齢の方が、毎月の支払いを行うのは難しいので、大抵は親御さんが決定権を持っています。とはいえ親御さんがそこに住むわけではないので、格安なだけでなく、立地が良くて、住みやすいところを選ばなければなりません。かつては家探しを学生が行う場合は家賃が多少高めでも、新築の物件に住みたがる人が多くいました。しかし現在では不況のためもあってか、古くても格安の支払いで済む物件が選ばれる傾向にあります。リフォーム済みで、新築と変わらないほど綺麗な物件も多いので、自分が住みやすいと感じられれば、築20年を過ぎていても問題はないでしょう。家探しを学生が行う際は、家賃を比較することから始めなければならないので、不動産情報サイトを参考にするようにしてください。築10年前後と20年前後では、かなりの差額になるので、古い物件に絞って選べば、大幅に費用を節約できます。駅前などにあり、コンビニやスーパーなどが近くにある物件なら住みやすいので、少しぐらい古くても気にならなくなります。新築の毎月の支払いは高いので大変ですが、10年経つと約10%、20年で約20%程度は安くなるので、家探しをしたいときは不動産情報サイトで探すようにしましょう。

バックナンバー

家探しの必須情報

↑PAGE TOP